東大-慶応-理研 共同開催


Supersolidity in Nature

理研(和光) 基幹研究所
2012年6月11日

 

ホーム/Home

プログラム/Program

登録/Register

会場/Venue

交通/Access

懇親会/Party

連絡先/Contact

 

Last update 2012/06/11

概要/Summary

表記研究会を2012年6月11日、大河内記念ホールにて開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

Above-mentioned workshop is held on June 11, 2012 at Okochi Hall. Your particitaion is very much welcome.

Talks will be provided in English!

開催趣旨

 このシンポジウムは、2004年の「固体ヘリウムの超流動」報告以来、活発な論争が続いている固体超流動(Supersolidity)および関連する現象について、先駆的理論の建設者の一人であるTony Leggett 先生(2003年ノーベル物理学賞)をお迎えして開催するものです。固体超流動現象の研究を進めている表記の3研究グループが中心となり、議論を深めることを目的としています。

 気体原子や半導体などで続々と見つかっている新しい超流 動・ボース凝縮についても議論したいと考えておりますので、多くの皆様にご 来聴いただき、議論に参加していただくことを期待しております。


慶応大学 白濱圭也
東京大学 福山 寛
理研   河野公俊

 
 
Webmaster