宇宙初期の対称性と普遍性シンポジウム
理研シンポジウム
「素粒子物理と超流動」
理研(和光) 基幹研究所
2010年7月23日

 

ホーム

プログラム

ポスター発表

登録

会場

交通

懇親会

連絡先

 

Last update 2010/08/31

講演資料を一部掲載しました。


     ポスター(PDF 200kB)


ご挨拶

 このシンポジウムは理化学研究所基幹研究所の基礎科学 研究課題予算で実施されている、「物質の創成研究」(グループヘッド:櫻井 博儀主任研究員)−宇宙初期の対称性と普遍性研究チームの研究成果について 広く知っていただくとともに,関連分野でご活躍中の外部の研究者の方々に, 最新の研究成果について,ご紹介いただくことを目的としています。

 最先端の科学研究における研究分野の細分化と高度な専門化は,研究分野間 の相互理解を難しくする傾向にあり,特に物理学のような普遍性の高い学問分 野にとっては,極めて憂慮する事態であると言えます。この様な状況にあって, この研究チームは,素粒子物理と低温物理という,全く異なる研究分野間で連 携して研究を進めることで、知識の交流を深め、新しい研究の切り口を開拓す ることを意図して,平成21年度からスタートしました。これまでに,共同して セミナーやワークショップを開催して交流を図ってきましたが,ちょうど研究 期間の中間点にさしかかったところで,合同シンポジウムを開催することにい たしました。

これまでに得られた研究成果について公開の場で検討を加え,研究期間後半の さらなる展開につなげることを目指したいと考えます。特に,素粒子物理と低 温物理の間で共通の理解が得られるように、分野外の聴衆を意識した発表が期 待できますので,両分野に興味をお持ちの多くの方々にご出席いただけること を期待しております。

河野低温物理研究室
主任研究員 河野 公俊

 
 
Webmaster